Nikka Column

コラム

  • TOP >
  • コラム >
  • もうシンクにザルを直置きしない!便利な最新シンクをご紹介

もうシンクにザルを直置きしない!便利な最新シンクをご紹介

パスタやそうめんを茹でたあとの湯切り。皆さんはザルをどうしていますか?
パスタはまだ菜箸やトングで麺を掬えますが、そうめんやひやむぎは水洗いが必須なのでどうしてもザルが必要になります。
 
問題はここからです。湯切りをする時に、ザルを一体どこに置くのか?
 
cooking_zaru_arau_yasai.png
 
私は仕方なくシンクの底にザルを置き、大量のお湯が入った鍋を傾けて湯切りや水洗いをしています。でもどれだけシンクをキレイに使っていても、ザルの直置きはなんとなく抵抗があるもの。
 
そんな調理時のささいなお悩みも、最新キッチンで解決できます!
 

どこにでも置ける!サポートワイヤー

キッチンの便利グッズは色々ありますが、なかなかサイズが合わなかったりすぐに使えなくなってしまうことも。最近のキッチンは『こんな機能があったらいいな』と思うことの、更に上をいく便利機能があります。

 

parts04_img_20.jpg

 

サポートワイヤーの上にザルを置けばいいので、湯切りの時にシンクに直置きしなくても良いのです。
こちらのサポートワイヤーは水栓から水が出る場所のすぐ真下にもワイヤーを設置できるので、流水解凍も楽々です。
 
 

ひろびろWサポートシンク

img_01_01.jpg

 

画像元:LIXIL 調理や片づけがしやすいシンク

 

オプションでシンク全体を水切りスペースにできます。特に段取りをしなくても効率よくキッチンを使うことができます。
 
調理後の包丁もボウルもまな板も、肉や魚が入っていた発砲トレーも、ぱぱっと洗って水切りスペースの上に。いちいち一旦置いておく場所を考えなくてもいいので楽です。
 
img_01_02.jpg
 
img_01_03.jpg
 
シンクの上なら、作業台を汚しがちな調理も気にせずできます。パン粉が飛び散りがちな揚げ物も、土がついた根菜の皮むきも、小魚の流水調理も。お掃除が楽なシンクの上なら思う存分できます。
 

汚れやゴミをスムーズに洗い流せるシンク

20240708164632.jpg

 

使った鍋を一旦置くのにも、ゴミや汚れがついたままのシンクではためらってしまいます。ゴミや汚れがスムーズに排水口に流れるシンクで、水道代の節約もできます。

 

画像元:LIXIL ナイアガラフロー方式シンク

 

まとめ

シンクが便利になるだけでも、調理環境は格段に良くなります。大きなキッチンが置けなくても、シンクの上で調理も片づけもできればスペースを有効活用できます。
キッチンは下台のみの取り替えも可能なので、『コンロやレンジフードは取り替えたけど、下台は一度も変えたことがない...』なんて方は一度各メーカーのホームページを確認してみてはいかがでしょうか?
 
『えっ?今はこんな機能があるの?』と驚くこと間違いなしです!