ニッカホームとは

安心できる“一貫体制”

施工からアフターフォローまで、お客様の満足のための一貫体制

営業が、現場調査から施工管理・アフターフォローまで責任を持って担当する一貫体制。
“お客様の立場”に立つことを第一に、お客様との窓口を一本化し、ご要望をダイレクトに反映させます。

施工・管理までの一貫体制が、満足を生む

自社施工の良さはどこにあるのでしょうか?
仕事の依頼を受け、プランニングし、施工して完成させるまでは一種の伝達ゲームだと当社は考えます。
受注とご提案までがリフォーム会社で、施工はどこかの工務店に丸投げ。
途中でお客様から追加や変更の依頼があれば、会社がその間に入ってその旨を工務店に伝える……
これではお客様と施工業者の関係が直接的でない分、お客様のご要望が伝わりにくくなることは明らかです。
またお客様の声に迅速にお応えし辛くなることも確かであり、コスト削減も容易ではありません。
ニッカホームが自社施工にこだわる理由は、プランニングから施工・管理にいたるまで、お客様に大きな満足をお届けしたいから。
この責任を持った一貫体制のメリットが、お客様のリフォームの夢を実現へと限りなく近づけると、私達は信じています。

“お客様の立場に立つこと”を第一に

ニッカホームを立ち上げる前、私は浄化槽・水廻り設備の販売会社で営業をしていました。
お客様のご家庭にお伺いすると、水まわりに関連してお風呂やキッチンなどの相談を受けることもしばしば。
私はいつも『自分の家だったら』という気持ちで考えてしまうので、お客様の要望を聞くと、私が何とかできるなら!と、専門外のことでも人に聞いたり勉強し、資料を集めてお客様にプランをご提案していました。

この姿勢が好評で、次々と仕事を依頼され、現在はこうしてリフォーム全般を手掛けるまでに至りました。この時に得た営業スタイルは、ニッカホーム社員の姿勢に深く息づいていると思います。
営業マンはもちろん職人に至るまで「常にお客様の立場に立つ」ことを一番に、仕事を行っています。
当社の営業マンはスーツでなく作業服を着ていることは、もうお気づきですね。
営業職はプランを売るだけが仕事じゃありません。生きた現場を見て、モノづくりを知っていなければ、お客様にとって最適なプランニングはできないと私は考えます。

お客様に修理など簡単なことを頼まれた時、場合によっては営業マンが金づちを持つこともあります。
スーツとネクタイ、革靴を着けた営業マンに、お客様は気軽にものを頼むことはできないでしょう。
お客様のことを第一に考えた姿勢が、営業マンの服装にも表れているのです。

ページトップへ