リフォームのポイント

エコリフォームのポイント

オール電化

オール電化とは、家庭内のエネルギーをすべて電気でまかなう、火を使わない暮らしのことです。
つまり、自宅をオール電化にリフォームする場合、火を使っているところ(キッチンと給湯の2箇所)を電気に変えるだけなのです。

オール電化にすれば、火を使わないため安心感があります。そのうえ便利さ・快適さはもちろん、光熱費がぐっと安くなり、環境にも配慮した暮らしができます。
オール電化の魅力を詳しく見ていきましょう。

快適、安心

  • 火を使わないIHクッキングヒーターは、フラットなため汚れをふき取るのも楽にできます。
  • 部屋の空気が汚れにくく、健康的な空気が保てます。
  • 火が出ないため、火災のリスクも少なく安心して使えます。

IHクッキングヒーターについては、キッチンリフォーム > IHクッキングヒーターのページで更に詳しいメリットをご紹介しています。

経済的

  • 給湯システムがエコキュートの場合、空気の熱を利用してお湯を沸かすため驚くほど省エネです。(家庭で消費されるエネルギーのうち、約3分の1が給湯と言われています。)
    また、電力がお得な夜間にお湯を沸かすことで、昼間のピーク時電力消費を節約できます。
  • 電気・ガスと分けて支払っていた光熱費を一本化でき、基本料金分がおトクです。

環境にやさしい

給湯システムがエコキュートの場合、地球温暖化の主な原因になる二酸化炭素の排出量を抑えます。

エコキュートについては、エコキュートのページで更に詳しくまとめています。

ページトップへ